非常時の備蓄食に取り入れたいローリングストックという方法

非常時の備蓄食に取り入れたいローリングストックという方法

FOLLOW US!

日本は大地震や津波、火山噴火、台風など多くの災害リスクを抱えています。備蓄は3日分あれば十分と言われていましたが、現在は「1週間以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあります。1週間以上の備蓄なんていったいどうすれば…と思うかもしれませんが、ローリングストック法を覚えると、無理なく非常時の食料品を備えることができます。

INDEX

ローリングストックとは

食料品を寄付箱に手渡す写真

ローリングストックとは、普段から少し多めに備蓄しておいた食品や加工品を日常生活で使い、不足した分を買い足し補充することで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法のことです。

消費と購入を繰り返しながら食料を備蓄するローリングストックには、以下のメリットがあります。

・食品ロスを防ぐ。
・食料の鮮度を常に保つ。
・非常時でも日常生活と同等の食生活を送ることができる。
・食べたら買い足していくため、賞味期限を管理することができる。
・防災用の非常食よりも安価に備えられる。

ローリングストックは、美味しい食の備え。日常的に非常食を食べるという新しい食のあり方です。

食品ロスについて詳しく知りたい人はこちら↓

備蓄食は1週間以上の備えが必要

様々な食品がテーブルの上に乗っている写真

東日本大震災では直後に物流が混乱し、十分な食料を調達できたのが発災後3日目以降という地域がありました。また、電気の復旧に1週間以上、水道の復旧に10日以上の時間がかかった地域もあり、生命の危機にさらされた被災者が大勢いました。

これを踏まえ、広い地域に甚大な被害を及ぼすといわれている南海トラフ巨大地震では、1週間以上支援物資が届かない地域が発生する可能性が高いといわれています。被災時はコンビニなどのお店に人が殺到し、すぐに商品が売り切れることが予想されますので、被災後の食料入手はかなり厳しいと考えた方がよいでしょう。そのため、1週間の食料備蓄が望ましいと考えられます。

ローリングストックのポイント

スーパーマーケットで水を買うマスクをした女性

食べては買い足すことをただ繰り返すだけでは、ローリングストックを上手に活用することはできません。日常生活や非常時においてローリングストックを上手に活用するポイントを以下二つ、解説します。

1.古いものから使うこと

備蓄する食料が古くならないよう、必ず一番古いものから使いましょう。新しいものを手前にするなど収納に工夫することで消費期限が把握できます。パッケージに消費期限を大きくメモしたものを貼っておくと古いものがどれかすぐに分かり、新しいものからの消費を防ぐことができます。

2.必ず買い足すこと

次に、使った分は必ず補充することです。備蓄している食料はいつ食べても問題ありませんが、消費した分はなるべく早く補充しましょう。補充を怠ったタイミングで災害が来る可能性があるからです。使う日と買う日(補充する日)を予め決めるなどし計画的に進めておけば、いざというときに焦りません。

ローリングストックにおすすめの食材・加工品

ローリングストックに最適な食料を選ぶポイントは、味・調理のしやすさ・保存性の良さなどです。ここではおすすめのローリングストックにおすすめの食材・加工品を紹介します。

1.慣れている味の食材・加工品を備蓄する

備蓄する食料は、普段からよく使う食材や加工品、好きな味のものにすると良いでしょう。こうすることで、いざという時でも日常生活に近い食生活を送ることができ、それが被災時の安心にもつながります。

小さな子どもがいる家庭はなおさら、カレーやパスタなど好きなもののレトルトがあると安心です。

2.そのまま食べられるものが便利

空いた缶詰を並べて上から撮った写真

そのまま食べられる食料も、ローリングストックに最適です。

パウチに入っているレトルトカレーやおかゆなどは殺菌されており、そのまま食べられるものも増えています。レトルトなら湯煎用のお湯は繰り返し使えるので、非常時のマストアイテムといえます。

また、缶詰も果物ならビタミンが、肉や魚ならタンパク質が摂れます。料理に使うことが多いトマト缶やコーン缶も生で食べられます。チャーハンなどの冷凍食品はもちろん、パンやごはん、冷凍うどんを冷凍している人も多いのではないでしょうか。冷凍パンやごはん、うどんもそのまま食べられて便利です。缶詰や冷凍食品は種類が多く調理も不要なので、いくつか備蓄しておくと非常に便利なアイテムになります。

野菜や果物もそのまま食べられるものの一つです。家庭菜園も非常時には重要な食べ物になるでしょう。漬物・甘露煮・佃煮・ヨーグルト・チーズなどの伝統的な保存食は栄養素も高いので、是非備蓄しておきたい食材です。充填豆腐は、賞味期限が長いのでおすすめ。お菓子や飴、チョコレートなどもローリングストックの対象です。

グリラスで販売している商品の中で、ローリングストックに最適なものをご紹介します。

C. TRIA(シートリア) カレー

食品ロスを餌にして生まれたコオロギをパウダー化して、カレーに配合。レトルトパウチなので、ローリングストックに最適。種類はトマト・グリーン・イカスミの3種類。普段の食事にもおすすめです。

数量
カートに追加しました。

C. TRIA クッキー

コオロギのパウダーを生地に練り込み、子どもから大人まで楽しめるクッキーに。おやつにぴったりのビターなココアと、おつまみ感覚で食べられるハーブ&ガーリックの2種類があります。家族や友達と分け合うことができる個包装なので、ローリングストックにも最適です。

一つの種類や似たような種類の食料ばかりを備蓄すると、栄養が偏ってしまいます。上記に挙げたレトルト・缶詰・保存食・菓子類などから複数ずつ選び、主食・主菜・副菜のバランスを整えることが非常時のローリングストックを揃える大切なポイントです。

数量
カートに追加しました。

3.温かい食べ物も重要

森のガスストーブの上にマグが置いてある写真

冬は、ホットドリンクやスープなど温かいものを飲んだり食べたりするだけでもほっとできます。フリーズドライスープ・お茶・インスタントラーメンなどの加工品もローリングストックとして備蓄しておきましょう。

カセットコンロは、レトルト食品を温めたりインスタント食品に使うお湯を作ったりする際に必要となります。カセットコンロとガスボンベは、ローリングストックとセットで用意しておきたいアイテムです。

4.日持ちする乾物や乾麺も便利

パスタを鍋に入れる写真

乾麺・パスタ・お米・シリアル・もち・ひじき・切り干し大根などの乾物やフリーズドライ食品は、日持ちするので非常時のローリングストックに最適です。乾麺はゆで時間が短いものを選びましょう。調理が必要となる乾物もあるので、レシピと一緒に備蓄しておくと安心です。

備蓄食はどのくらいの量が必要?

カートンボックスに入れた調理前の食品

多めに備蓄するとはいえ、具体的にどのくらいの量を用意すればよいか分からない人のために、1週間分・大人2人分のローリングストックの目安を以下解説します。

ローリングストック量の例    

必需品 ・水…1人あたり最低1日1L 調理用を含めると3L。
 米や野菜、食器を洗ったり湯せんに使用したりする水は、別途必要
・カセットコンロ…1個、ボンベ…12本
主食 ・米…4kg(1人1食75g程度)
・乾麺…そうめん2袋、パスタ2袋
・カップ麺…6個・食パン…6枚
・シリアル…1袋
主菜 ・レトルト食品・カレー・牛丼の素等…18個
・パスタソース…6個・缶詰め(肉・魚)…18個
副菜・その他 ・缶詰め(トマト缶・コーン・豆など)…適量
・日持ちする野菜…適量
・梅干し・のり・ひじき・切り干し大根…適量
・野菜ジュース…適量
・フリーズドライスープ…適量
・チョコ・ビスケット・飴…適量

食べる順番のポイント

保存食品と防災袋のベクターイラスト

被災時にローリングストックを食べる際は、順番も重要なポイントです。まず冷蔵している生ものや傷みやすいものやから先に食べ、次に冷凍庫のものや加工品を。

地震の場合は揺れがある程度収まらなければ火が使えません。それまでは冷蔵品や加工品などを食べ、揺れが収まったら加熱処理が必要なものを食べると良いでしょう。

まずは家にある食材・加工品の洗い出しから

食料貯蔵庫で食べ物を取る女性

まずは、家にあるローリングストックに向いている食料を書き出してみましょう。足りないものは普段の買い物で少しずつ買い足しながら揃えます。常にストックしておきたい食料はリスト化し見えるところに貼っておけば、不足したときの買い忘れを防ぐことができます。ストックするときは非常時でもすぐに確保できるよう収納場所や方法にも工夫し、準備万端にしておきましょう。

45 件

SHARE